「クリュッグ」の高額買いのコツ

数あるシャンパンの中で、ある意味最も異端で、最も熱狂的に愛されているものといえば、「クリュッグ」をおいて他にはありません。
その人気は大変凄まじく、「シャンパンの帝王」とも称されるほどです。

当然のことながら、お酒買取り業界でも絶対的なリスペクトをもって迎えられており、総じて買取価格は高額です。

この記事では、クリュッグの魅力や買い取り相場など、気になる情報を網羅していきたいと思います。

クリュッグとは


画像引用元:http://mathusalem.jp/?pid=63242731

クリュッグは、ドイツ出身のヨーゼフ・クリュッグに立ち上げられたシャンパンメゾンです。
その創業は1843年と、数あるシャンパンメゾンの中では比較的新しいメゾンといえるでしょう。

特筆されるべきは、その特徴的な製法です。
シャンパンの基本的な製法として、様々な白ワインをブレンドするアッサンブラージュと呼ばれる工程があるのですが、年代の異なるワインをブレンドするという手法を確立しました

またシャンパンの基礎となるワインの一次発酵をする際、伝統的で大変手間のかかる、フレンチオークの小樽を使用します。
天候や気温、湿度といった諸条件が複雑に絡み合う大変難度の高い製法です

そうして仕上げたワインを寝かし、いくつものヴィンテージをつくり、それらを惜しげもなくアッサンブラージュすることで、クリュッグの骨子となる「交響曲」とも表現される味わいが完成します。
ブレンドされるワインの数は100種類以上にも上り、そこから生み出される芳しい香りは、他のシャンパンでは決して真似のできないものです。

孤高ともいえるレベルのメゾンのこだわりが凝縮した逸品は、シャンパンを愛する者への挑戦状ともいえるでしょう。
そんなメゾンの熱に当てられた愛好家たちは、「クリュッグ以外のシャンパンは飲まない」と豪語する「クリュギスト」を生み出しました。

クリュッグを高価買い取りしてもらうコツ


画像引用元:http://openers.jp/article/1537936

これだけのこだわりが詰まったシャンパンは、当然ながら保存が非常に難しいものとなっています。

ワインセラーをお持ちなら、ある程度の長期保存も可能ですが、そう言った設備がない場合は、劣化してしまう前に査定に出すことをおすすめしたいです。

買取相場をご紹介


画像引用元:https://item.rakuten.co.jp/wineschool/10001838/

クリュッグの買い取り価格は基本的に高く、1番安い「グランキュヴェ」でも13,000円程度、最も高い「クロダンボネ」に至っては、200,000円を超える値が付きます。
さすが帝王と唸らされる査定額といえるでしょう。

投稿者: aslhasjhd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です