「モエ・エ・シャンドン」の高額買いのコツ

フランスには沢山のシャンパンがありますが、その歴史を語る上で「モエ・エ・シャンドン」を外すことはできません。
お酒買取り市場でもメジャーなモエ・エ・シャンドンの歴史や魅力だけでなく、買い取り価格の相場についても迫りたいと思います。

モエ・エ・シャンドンとは


画像引用元:http://foryou-joshi.com/archives/1539

こちらは同名のメゾンである、「モエ・エ・シャンドン」から販売されているシャンパンです。
創業から270年以上を数えるモエ・エ・シャンドンの歴史は、フランスのシャンパーニュ地方で立ち上げられた小さなシャンパンメゾンから始まります。

創業者であるクロード・モエは、限られた愛好家の中でのみ飲まれていたシャンパンを広く販売するために、ヨーロッパの著名な政治家への営業やフランス王室への献上といった活動を通して、その知名度を上げていきました。
その結果、ルイ14世の愛妾であるポンパドゥール夫人に気に入られることになり、フランス社交界で確固たる地位を築くにいたります。

その後、シャンパン専門のメゾンとしてブランディングに力を入れたり、ヴィンテージシャンパンへの挑戦などを経て、1900年台前半には世界中に輸出されその裾野を大きく広げることになりました。

またモエ・エ・シャンドンは、シャンパンの新しい楽しみ方を多く提案してきたことでも有名です
例えば、球技やモータースポーツの表彰台で度々行われるシャンパンファイトや、結婚式などのイベントで用意されるシャンパンタワーもモエ・エ・シャンドンから始まっています。

高額査定をゲットするコツ


比較的安価な部類に属するシャンパンが多いので、基本的に早めに売却する方が高額査定が出やすいです。
出荷時点で既に飲み頃の熟成具合に仕上げられているため、長期保存には向いていません。

また、買取査定額に多少幅があるように感じられるので、複数の業者に査定依頼を出して相見積もりを取ることをおすすめします。

買取相場をご紹介


画像引用元:http://mathusalem.jp/?pid=63256896

通常の「ブリュット」や「ロゼタイプ」のものであれば、1,500円から2,000円程度の査定額を見積もる業者が多いようです。

「マチュザレム」「ジェロボアム」のような、一部のプレミアムなシャンパンは、15,000円前後の査定額がつくことでしょう。

また2016年発売の、「MCIII」というメゾンの総力を結集してつくり上げた特別なシャンパンには40,000円から45,000円もの査定額がつきます。

投稿者: aslhasjhd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です