ラベルがカッコイイ「黒龍」はいくらで買い取り?

プレミア付きのレアな日本酒の中でも、特にラベルや化粧箱がカッコイイものといえば「黒龍(こくりゅう)」以外にはないでしょう。

その潔い毛筆によるシンプル且つインパクトのあるビジュアルは、数ある日本酒の中でも一二を争うほどの人気を誇ります。
さらにその味わいも、ビジュアルに負けず劣らず、非常にレベルの高いものです。
セレブや成功者と呼ばれる一流の人物からも人気が高く、絶大なブランド力を誇る日本酒といえるでしょう

この記事では、そんな魅力がいっぱいの黒龍のブランドストーリーや人気の秘密と、買取り価格の相場について迫ります。

黒龍とは


画像引用元:http://info.pref.fukui.jp/bunka/bunkazai/sitei/kenzou/kokuryuu-syuoku.html

福井県の吉田郡に居を構える、「黒龍酒造」にて黒龍は仕込まれています。
黒龍酒造の創業は文化元年の1804年。
実に200年以上の歴史を持つ、由緒正しい造り酒屋です。

酒造の名前となっている「黒龍」は、福井で最も大きな河川である「九頭龍川」の旧名、「黒龍川」に由来しています。
この「九頭龍川」に溶け込んだ、霊峰白山山系の雪解け水こそがその味わいのルーツです。
環境汚染が叫ばれる現代においても鮎や鱒が生息する美しい九頭龍川の伏流水は、まろやかで柔らかい、人の手の温もりを感じる、黒龍特有の味わいの源泉となっています

また仕込み水同様、素材となる米や製法にも強いこだわりを持ち、昭和50年にはどの蔵よりも早く大吟醸の市販化に挑戦するなど、一貫して少量でも高品質な手づくりの日本酒を日本全国に届けてきました。

黒龍が持つ揺るぎないブランドストーリー


画像引用元:http://joylab.jp/黒龍大吟醸買取神奈川横浜/

黒龍酒造の勤勉さを示すエピソードとして、長期熟成の後に出荷される銘酒「龍」の存在を欠かすことはできません。

黒龍酒造七代目蔵元は同じ醸造酒であるワインに着目し、ヨーロッパのワイナリーに学び、後の黒龍酒造の基礎ともなる熟成の技を手に入れました
丁寧に仕込んだ原酒を、氷温にて2〜3年熟成することで、白桃やマスカット、完熟のメロンのような果実香が香る、穏やかで上品な吟醸香を持つ日本酒は人々を魅了し、黒龍の名前を不動のものとしたのです。

また大事なお酒を送り出すにあたり、「見た目にも最上を」という理念のもと、黒龍の特徴的な美しさの中にも、温かさのある布や和紙のラベルが採用されました。

黒龍の買取り価格の相場


画像引用元:http://www.moshiachtimesband.com/

黒龍の買取り相場は非常に高額で安定しており、10,000円程度の売価のものが20,000円前後で取引されています。

投稿者: aslhasjhd

コメントを残す