「ヴーヴ・クリコ」の高額買いのコツ

「ヴーヴ・クリコ」はフランスでつくられているシャンパンのブランドの1つで、お酒買取り業界でも高額買取されている人気の銘柄です。
この記事では、ヴーヴ・クリコが辿ってきた激動の歴史や、高額買取のための秘訣、買い取り価格の相場など、その魅力を余すところなくお伝えいたします。

ヴーヴ・クリコとは


画像引用元:https://belluna-gourmet.com/wine/01/012201/d/NE217/7777169/goods_detail/

ヴーヴ クリコは、フランス国内でも有数の老舗シャンパンメゾンです。
250年近い歴史を持つメゾンで、現在は「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVHM)」という、多数の高級ブランドを傘下に持つコングロマリット企業の一員となっています。
創業者は当時銀行家として名を馳せたフィリップ・クリコで、創業当初は多角事業を行う会社として設立され、シャンパンメゾンはその数ある事業の1つでした。

フィリップにはバルブ・ニコル・ポンサルダンという女性と結婚しますが、4年後にこの世を去ってしまいます。
この女性こそが、ヴーヴ クリコの名声を世界的なものにし、各地のシャンパンメゾンに革命を起こすことになるのです。
また彼女の名前はブランド名の由来となっており、「ヴーヴ(未亡人)・クリコ(クリコ夫人)」と名付けられています。

当時のフランスは、革命派によって王政が廃止されたばかりの時代で、王侯貴族に愛されていたシャンパンは革命派の目の敵にされていました。
国内では商売にならないと判断したマダム・クリコは、ロシア宮廷にシャンパンを献納するなど、諸外国へのシャンパンの輸出を拡大し、メゾンの地位を確かなものにしました。

また、現在全てのメゾンで行われている、ボトルを回転させて澱(おり)を集め、シャンパンを透明にする「ルミアージュ」という技法を完成させたのも彼女です

ヴーヴ・クリコを高額買取してもらうための秘訣


画像引用元:https://sake.biccamera.com/bs/item/1947529/

ヴーヴ クリコはどちらかというとリーズナブルなシャンパンですので、出荷時点で飲みやすい味になるよう熟成されています。
ヴィンテージである「ラ グランダム ブリュット」以外の銘柄に関しては、なるべく早めに売却する方が良いでしょう。

買い取り価格とその相場観をご紹介


画像引用元:http://iewine.jp/article/1382

ヴーヴ クリコにはいくつかの銘柄がありますが、イエローやロゼに関しては、3,000円から4,000円程度が買い取り価格の相場のようです。
ラ グランダム ブリュットは8,000円から9,000円辺りの買い取り価格に落ち着いています。

基本的には売価の3分の1程度の価格が目安のようですね。

投稿者: aslhasjhd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です