「ドン・ペリニヨン」の高額買いのコツ

数あるシャンパンの中でも最も有名なものといえば、やっぱり「ドン・ペリニヨン(ドンペリ)」ではないでしょうか。
日本においては、「シャンパン=ドンペリ」と思っている人がいた時代もあるほど有名なお酒です。

この記事ではドン・ペリニヨンの歴史や魅力、買い取り価格の相場についてご紹介します。

1.ドン・ペリニヨンとは


画像引用元:https://item.rakuten.co.jp/wine-takamura/c/0000004611/

ドンペリは、当時ベネディクト会の修道士であった「ドン・ピエール・ペリニヨン」の手で発明された、最も古いシャンパンの銘柄です。

当時のワインは、暖かい季節になると再び発酵が始まってしまい、長期保存をすることが難しい品質のものばかりでした。
また再発酵が原因でワイン内に発生する気泡は、ワインの味わいにも影響してしまいます。

彼はそうしたワインの「発泡」を止める研究に取り組んでいたのです。
発泡を抑制するため、様々な手法を駆使した結果、従来の白ワインと比較して劇的に発泡を抑えた白ワインをつくることに成功しました

彼がつくる白ワインはフランス国内で高い評価を得ることになるのですが、皮肉なことにどうしても発泡してしまう一部の白ワインが貴族に珍重され、大流行することになります。
この白ワインこそが、シャンパンの原型であるといわれているのです。

現在ドンペリは、「モエ・エ・シャンドン」という世界最大の老舗メゾンが販売するシャンパンの1ブランド名となっています。
ドンペリには複数の種類があり、通常のドンペリ以外に、ロゼのものやエノテークと呼ばれるヴィンテージのドンペリ、20年もの長期の熟成期間を必要とするゴールドといったプレミアムなものなど、非常にバリエーションが豊かです。

お酒買取りでドン・ペリニヨンを高額買取してもらうコツ


画像引用元:https://belluna-gourmet.com/wine/01/012201/d/NE217/7777168/goods_detail/

ドンペリを売却することを考えているなら、普段の保存方法に気をつけましょう。
コルクが痩せて芳しい香りが抜けてしまうと当然買い取り価格は下落します

またシャンパンは出荷後も瓶内で発酵し続けている飲み物です。
発酵が進みすぎると味が落ちてしまいますので、飲まない場合は早めに査定に出しましょう。

買い取り価格の相場


画像引用元:http://vtx9q5gq.seesaa.net/article/377270325.html

ドンペリはその発売された年によって価値が変わるので、「どの種類ならいくら」といった形で、買い取り価格を紹介することはできません
例えば、エノテークのようなヴィンテージシャンパンであれば60,000円から80,000円程度といった具合に、査定額が大きく変動します。

投稿者: aslhasjhd

コメントを残す