レアもの焼酎とえば「百年の孤独」

お酒買取りで高額買取りが出る日本のお酒といえば、焼酎は外せません。
種類によっては、定価よりも高く売れるものも多く、この「百年の孤独」も定価以上の価格で取引される、プレミアム焼酎の1つです。

この記事では百年の孤独の特徴や、その買取り相場についてご紹介いたします。

百年の孤独とは


画像引用元:http://www.kurokihonten.co.jp/company/

この焼酎は、宮崎県は高鍋町の酒造メーカーである、「黒木本店」にて蒸留されている麦焼酎です。
一般的な焼酎は、蒸留した状態ですぐに出荷されるものですが、こちらの焼酎はウイスキーのように、ホワイトオークの樽に詰められ熟成という工程を経てから出荷されるのが最大の特徴といえるでしょう。

そのため、焼酎にありがちな透明な色味ではなく、薄い琥珀色をしています。
名前の由来は、1982年にノーベル文学賞を受賞した、コロンビアの作家である、「ガブリエル・ガルシア・マルケス」の代表作「百年の孤独」から取られました。

3M(森伊蔵・魔王・村尾)ほどではありませんが、非常に希少性が高い焼酎で、一部の特約店以外では、定価で購入することも難しい焼酎です。
また通常のボトルとは違い、プレミアムボトルを使用したものも存在し、「バカラクリスタル」のボトルに詰められています。

その味わいとこだわりについて


画像引用元:http://joylab.jp/百年の孤独買取神奈川横浜/

百年の孤独は、他の焼酎とは全く違う工程でつくられているので、その味わいも一般的な焼酎とは全く違うものになっています

すでにご紹介した通り、蒸留した焼酎をオーク樽に詰めて熟成するのですが、その熟成期間を3年もの、4年もの、5年ものの3種類に分けてつくり、それらをブレンドすることによって絶妙な味わいを作り出すのです。
原料である麦の香ばしさと、オーク樽由来の甘みのある芳香が渾然一体となり、洋酒然とした深い味わいを醸し出しています。

この香りを十二分に楽しむために、ストレートやロックで楽しむ方が多いようです。
焼酎特有の熱い喉越しはそのままに、優しさに溢れた自然な味わいを楽しむために、もってこいの飲み方といえるでしょう。

気になる買取価格をご紹介


画像引用元:http://wafutsushin.com/news/20151002/onehundredyearsofsolitude

最後に買取価格をご紹介しましょう。

通常のボトルのものであれば、大体4,000円程度が主流のようです。
定価が2,980円であることを考えれば、大変な高額査定といえます
また、バカラクリスタル製のボトルが付属するものは定価が300,000円でしたので、100,000円以上の査定額がつくことは間違いないでしょう。

投稿者: aslhasjhd

コメントを残す